読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会科学徒のエディトリアル

広くは社会科学・狭くは経営学・会計学。学部4年生です。研究者目指します。

”思考の文字数” ブログから学んだ相互理解へのヒント

こんにちは。

少しずつ記事数も増えてきて、ブログの様式にも慣れてきた今日この頃ですが、書いていて面白い事実を発見したので、今回はその話をします。
 
今回のテーマはズバリ、「思考の文字数」。何のこっちゃ。

「他人と違うこと」それ自体に、どれほどの価値があろうか

”他人と違う”ということを、皆さんはどう捉えていますか。

 

こんな質問を思いついたのも、最近僕が多方面の事柄に関して、話題性だったり自己顕示といった理由から、「他人と違う」というものを武器にして売っていこうという流れが強いなと感じる事が多いからです。

最近は日本も「人と違うことは恥ずかしい事ではなく、むしろ強みだ」「出る杭を打つ社会はダメだ!」といった言論が支配的になり、人々が「人と違うこと」を求めるようになっているような印象を受けますが、僕は必ずしもこの潮流を好ましく思ってはいません。

 

もちろん、人と違うことは悪い事だとかいうつもりはありませんし、”差別化”というのは僕が学んでいる経営学的な視点に立てばむしろ一般的には歓迎されるべき概念とさえ言えるものです。

ただ僕は、順序が違うな、と感じています。

「他人と違う事自体に、どれだけの価値があるのか。」

僕は、こんなことを今回の記事で考察しようと思います。

 

続きを読む

放送法の議論の帰結は、ガバナンス論ではないか

こんにちは。ブログ開設の時期もあって、ちょっとこの話題を投下するには旬が過ぎたかなあと思うところではありますが・・・気にせず投下することにします。

 

少々前の話になりますが、テレビ等のメディアで、放送法改正に関する議論が活発に行われていましたね。

ただ、その中で僕の頭に引っかかる疑問に答えてくれる言論の少なさたるや・・・というのが、その議論を視聴者として見ていた僕の実感です。

 

その、「頭に引っかかる疑問」というのが以下の2つです。

 

  • 反対派と賛成派で論点が違うから、話が平行線になるのではないか
  • 一番にアプローチすべき問題の根幹はどこか

 

続きを読む

意識高い系アレルギー?”利益アレルギー”の人に捧ぐCSRの話

最近は我々新4年生の就活がラッシュを迎えています。

僕の周りにも、幾度もの説明会や面接、グループディスカッションを経て疲弊した人たちが集まっていまして、話を聞く中で多くは不満が出てきます。(悪い事とは言いませんよ。笑)

 

続きを読む

「頭が冴えない」とき

どうもこんにちは。

最近ドタバタしていて、気づいたら2週間以上経ってましたね。

 

最近、「頭が働かないな」と思うことが多いです。

これ僕の中では2通りの場合があって、

①単純に体調が悪い、寝不足などで頭がぼーっとしている

②知識が頭の中でごちゃごちゃになっていて整理が付いていない

の2種類です。ちなみに今は、完全に②のケースに悩んでいます。

 

続きを読む

中国の"お粗末"を笑う日本人

先日、ため息の出る出来事がありました。

「頭が良い」ほど曖昧な言葉もなかなか無い

皆さんは、どんな人に対して「頭が良い」と感じますか。

 

続きを読む